南米コロンビアに行ってみたい

コーヒー好きがこうじて産地に行ってみたくなりました。今気になっているのはコロンビアです

どうお酒を飲んだ翌朝はむくむの?

time 2017/06/14

お酒を飲んだ翌朝は、むくんでしまうことに考え込む人間は少なくありません。ただし、その要因がなんであるのかを、理解している人間はどれだけいるでしょう。前もって、お酒が体内に入ると、カラダは焼酎を分解するために肝臓を働かせようって行う。けれども、肝臓が焼酎を分解するためには水が必要です。ですから、カラダは食べたり飲んだりした賜物から、水気を数多く吸収しようとします。それがお酒を飲んだまま一心に生ずる喉の渇きの正体だ。乾いたから水を飲もうという、大量に水気をとり、その水気は胃を通って小腸を通じて吸収されます。ホンマだったら、その水気で焼酎が解体されて、素面に舞い戻り終わりというべきところですが、口から飲んで小腸に至るまでには、かなりのタイムラグが生じてしまう。つまり、焼酎の解体に必要な水気本数は摂取したのに、依然として飲んでいる、という状態になってしまうのです。そうなれば、カラダに服薬罹る水気本数は大幅に増加したとおり、翌朝となってしまう。これがむくみのでる原理だ。は、むくみを予防するためには、水を摂り過ぎたり、お酒を呑み過ぎないということがひときわ抜け道だ。そうしたら、一緒に食するおつまみが塩辛いと、喉の渇きが強くなるので、極力避けましょう。ただ、酔っ払っている状態で、酒量を抑えろというのは、何やら苦しい問題ですから、朝勤務前に作用や風呂に入って、カラダにおける余計な水気を、汗で流してしまうのが、簡単に出来る回答だ。